• よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン

「気になります、子どもたちの自己肯定感の低さ」

 子どもたちからの電話を受けていて、いちばん感じることは、子どもたちの自己肯定感が育っていないのかなということです。自己肯定感とは、自分は大切でかけがいのない存在だと思えること。そんな大切なメッセージを受け取っていない子どもが多いような気がします。あなたが生まれてきてくれてうれしいなど、愛情あふれた言葉をかけてもらっているのかな。

 親・社会にとって子どもは大切な宝です。子どもだからと侮れません。よく見ていますし、感じ取っています。

 自己肯定感が育っていない子どもは、自信が持てず、物事に消極的だったり、人間関係がうまくいかない、人の顔色が気になるまるで、大人の悩みと同じようです。反対に自分を大切にできる子は、人のことも大切にできます。自信がなさそうな子どもからの電話では、良く頑張ってるね!大変だったね!自分に起きている事柄・自分を否定しないように、子どもの心に寄り添える受け手でありたいと思います。    

YN/受け手歴2年)

 

 

皆さまに幸せが訪れますように。
皆さまに幸せが訪れますように。

【更新情報】

new! 7/28

  インフォメーションページを   

 更新しました

new! 7/25

  スタッフブログ

 更新しました

new! 6/10

  子ども支援者連続講座2021

 申込みが6/11より始まります

《活動ニュース》