• よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン

母親の役割

 

 家庭の母親の役割は無数にある。料理人、栄養士、看護師、保育士、清掃 員、クリーニング店員、スタイリスト、マネージャーなど。もちろんお金で解決 できる家庭もあるかもしれないが、一般的には、それに加えて仕事を持つひとが 多いのではないか。 

 特に日本では、ワンオペ育児という言葉が流行語大賞にノミネートされたほ ど、母親にだけ任せられているように思う。ワンオペとはもともと、コンビニな どの1人勤務で、過酷な労働を意味する。そんなつらい状態で、誰にも相談でき ず、誰にも育児を任せられない母親は、孤独とストレスを感じて、本来可愛いは ずの子どもに向き合えないのも当然かもしれない。それなのに子どもが非行に 走ったり、不登校になると世間から責められるのは母親というのはなぜか。 

 

 最近のタイムズ紙の調査でそれぞれの仕事において大成功を収めているきょう だいの数組の家庭環境に共通することがわかった。彼らの両親は、子どもに0歳 から5歳まで教養を身につける芸術や自然についての学びをさせ、6歳からは放 任で、ほとんど全てのことを自身で責任を持たせた。たとえ、非行や不登校にな ったとしても本人に考えさせ、自らの行動に任せた。他人のゴールではなく、自 分自身のゴールを目指せというメッセージらしい。 

 

 だとすると、母親の役割は、家事、育児というより子どもと一緒に答えの出 ないことを学ぶことではないか。例えば星の美しさや鳥の鳴き声に感動した り、絵画や音楽を楽しむなど。社会に出てから学校で学んだ到達目標よりもそ んな心豊かなことを身近なひとと味わうことが役に立つように思う。 

 

 子どもがしっかり考えるという土台を作る手伝いをして、あとは、子どもの力 を信じる。そんな母親の役割をチャイルドラインも担いたい。 

 

by フルーツパラダイス 

 

《活動ニュース》