• よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン

父の最期

このブログ欄でも何度か登場していた私の父。

先月半ば、この世を旅立った。

病を患っていたわけではなかったが、なんとなくおかしなことを話し始め、

食欲がすっかり落ち、寝ている時間が増えてきていたこの数か月。

実家にたまたま帰っていたその晩、トイレに起きてきた階段の途中で遂に力尽き、初めて父の身体を全身で受け止めた。

嗚呼、こんなに軽くなってしまっていたんだね…。折れ曲がった足は小鳥のようにか細く、モソモソと口を動かすものの何を話しているのかはわからない。

これから長い介護生活が始まるのか…と思っていたその3日後、父は眠るようにというより、眠ったまま静かに人生の幕を閉じた。

1週間早かったら、台風で実家へ駆けつけることもできなかった。家族が一緒に過ごした年月は驚くほど少なかったというのに、父の最期は全員が揃ったという奇跡。

葬儀が終わるまでに起きた不思議な偶然や出来事、すべては父が私たちに残した最後の贈り物なのだろう。

そう、残したものはそれだけ。

父は今流行りのミニマリストだったのだ。父の居室には何も残っていない。畳をひっくり返してもお宝が出てくることはない。合掌。

 

by マイペンライ

 

《活動ニュース》