• よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン

秘密の本屋さん

 

先日ある書店へ行った。

近頃は、本はもっぱらネットで買うか図書館で借りるかだ。

本屋を巡る贅沢な時間を楽しんでいた昔が嘘のよう。

そんな私のような客層を、いかに書店に引き戻すかを店主は考えたそうだ。

駅ビル内にありながら、ハリーポッターでも出てきそうな雰囲気のある店構え。

が、購入できる本はどれも同じ包装カバーがかけられていて、わかるのは店主の感想と本の値段のみ。

それが外国の小説なのか、実用書なのか、写真集なのかさえもわからない。感想を読みながら選ぶも良し、好きな番号のついた本を買ってみるのも良し。ちょっとドキドキとわくわくが味わえるおまけつき。

隣にはカフェも併設されている。

さてさて、店主の感想を読んで選んでみた本は大当たり!なんと、前に読んでみたいと思っていたものだった。

ある人の誕生日プレゼントに選んだ本は、その人の年齢の番号にしてみた。カバーの下を覗いてみたい気持ちを抑えてそのまま贈ったが、今頃どんな本を手にしているかなあと想像するのもまた楽しい。

 

本の在庫量の少なさを自慢するこの書店、置いてある本の番号はNo.0001~No.1231まで!

気になる番号は…ありますか?

(画像をクリックすると書店のHPにとびます)

 

    by マイペンライ

 

《活動ニュース》