• よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン

記念日のお祝い

 

先週、親戚の結婚式で、私の両親、三姉妹夫婦、その子どもとまたその子ども総勢17名が集まった。

せっかくだからと母親の88才米寿祝いをやろうとだれかが言い出した。サプライズ好きな母に何かプレゼントをしようと。それぞれ持ち寄った古い写真とメッセージを集め、フォトブックを姪が作成してくれた。プレゼントは私の担当。母に電話で「知り合いの80代の女性にプレゼントするにはなにがいいと思う?」と聞いた。「私だったら普段使いのちょっといいお椀、お茶碗、湯飲み茶碗がいいな。かつてそれをプレゼントしてと言ったらそんなもの?と却下されたことがあったから」とのこと。よっしゃーとガッツポーズで二子玉川高島屋で時間をかけてぴったりなプレゼントをゲット!母が喜ぶ顔(*_*)を思い浮かべた。

 

そして、当日、プレゼントを渡された母の顔は曇っていた。なぜかというと、かつて欲しいものを却下されたが、結局、素敵なお椀とお茶碗をプレゼントされていま、使っているらしい。聞いてないよ~(泣)

しかも、母の年齢は86歳だった。

 

 

      by フルーツパラダイス

 

《活動ニュース》