• よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン

熊本便り 12

 「田舎の一戸建てに住むということ」

 

  

 大学入学で家を出て四十数年、ずっと集合住宅に住み続け、一戸建てに住むという経験がなかったわたしである。久しぶりに念願の(?)一戸建てに住んでみた。木材にこだわり、今風の平屋なので、それなりに満足しているのであるが。

が、が、が、ずっと頭を悩ませているのが庭の草取りである。いやあ、しらなかったよ、お富さん。こんなにも雑草の伸びが早く、あっという間に自慢の庭が草だらけになるとは。しかも、田舎の家は敷地がひろーいのです。はい、とんでもない広さです。だから、草の生えるところがいっぱいあるんですよねえ。

近所のおくさまたちは手慣れたもので、どこの家もいつもきれいになっているではないか。それに比べて、我が家は草ぼうぼうなんですね、これが。

昨年は、むらさきつゆくさの可憐な花を見たくて、庭に突然現れたつゆくさをとらずに花を楽しんでいたのだが、あれよあれよと大きくなり、びっくりしていると、となりのおくさんが、

「そのつゆくさは、さっさととらないとたいへんなことになるよ。昔のツユクサと違って外来種だから、とにかくたちが悪いんだからね」

とのたまうではないか。しかあし、ときはすでに遅し。花は実を結び、あちこちに種を蒔きちらし、今年はといえば、びっしりのツユクサの誕生と相成ったのである。うーん、はやく言えよ。

とにかく、雑草は強い。どこにでも生えてくるんですね。

「草は毎日とらないとダメ。とくに小さいときにとらないと、実を結んだらたいへんなことになるから」

ということで、草取りにもそれなりのこつがあるそうな。

① とるのは雨上がりの午前中(抜きやすく、日差しも弱い)

② とにかく草が小さいうちにとる(かがるという。そうすれば根絶やしになる)

③ 少しでもいいから毎日とる。

④ 手袋、小さい鎌、かご、蚊取り線香(みんな腰にぶら下げている)が必須。

はっきりいって、こんなこと不得意のわたし。どうするべなあ。

母も草取りをしていたのだろうか。思い出せないのだけれど。

田舎の一戸建てに住むということは、それなりにたいへんなのです

 

 

 

 

 

 

徳丸のり子

 

 

 

 これまでの 熊本便り はこちらからどうぞ 

 

熊本便り1 熊本便り2 熊本便り3 熊本便り4 熊本便り5 熊本便り6

熊本便り7 熊本便り8 熊本便り9 熊本便り10 熊本便り11

 

 

 

 

 

熊本便り

を掲載しました

(10/19)new!

スタッフブログ

掲載しました(10/13)new!

電話件数

更新しました

(10/13)new!

《活動ニュース》