• よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン

熊本便り 6

「おいしい大根ステーキの話」

 

 

 春3月。横浜よりひと足先に春が来る熊本です。

 きょうは、熊本の野菜の話です。熊本のトマトは有名ですが、しいたけ、菜の花、ごぼう、キャベツ、めずらしいところでは祝蕾やむらさき白菜、わさび菜やビタミン菜などほかの野菜もとてもおいしく、びっくりの幸せを感じています。

 栽培農家のひとの野菜にかける思いもすばらしく、感動すら覚えます。たとえば、わたしは、わさび菜はかわいらしい葉のところをちぎってサラダや飾りに使ったりしていましたが、栽培農家のひとから、くきはご飯に入れて炊いたらすてなくていいでしょう、と言われ、なるほどとうなりました。

 しかし、ときに困ることもあります。野菜を栽培すると、どの農家も収穫は同じ時期に重なるので、野菜をいただくことが多い我が家では、売るほどにたまってしまうのです。大根など10本を超えてしまったこともあります。こちらのひとは、ひとがいいのかそうでないのか、たとえ目の前に大根があっても、うちの大根をどうぞ、とくださるのです(わたしはこころのなかでは、はあ、みろよこの大根、どうすんだいと思っていますが、顔はにこにこ)。

 また、野菜の調理法も教えてくださって、すごく参考になります。そのなかから、使えるものをひとつ紹介します。

 「大根ステーキ」です。まず、天気のいいときに1センチくらいの輪切りにした大根を天日で干します。じつは、この手間が大事で、クックパッドには載っていません。手でさわってみてふにゃふにゃだったらOK、固かったらあと半日くらい干します。この手間が、びっくりするほどの大根の甘みを引き出すのです。ただ、干し過ぎるのはNGですから、気を付けて。

 その後、酒をふりかけてココナッツオイルかバターで蒸し焼きにして、おいしい醤油で味と焦げ目をつけます。

 最後に、お好みのチーズ(できればモッツァレラ)を載せて、オーブンで焼けばできあがり。大根とチーズの間にベーコンや牡蠣を載せて焼くとりっぱな主菜になりますよ。

 おいしいので、ひとり3個4個はいけます。おためしあれ。

 

 

 

 

徳丸のり子

 

 これまでの 熊本便り はこちらからどうぞ 

熊本便り 1 熊本便り 2 熊本便り 3

熊本便り 4 熊本便り 5

 

 

 

熊本便り

を掲載しました

(10/19)new!

スタッフブログ

掲載しました(10/13)new!

電話件数

更新しました

(10/13)new!

《活動ニュース》