• よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン

「がん哲学外来」鎌倉かふぇって?

11月8日午後からT先生の主催する鎌倉かふぇに行ってきた。

 

 

「がん哲学外来」とはがん患者やその家族が、死を意識した上で、過去、未来の生き方を考える対話(寄り添い)の場だ。

その発案者である樋野興夫先生の講演では、がんという病気に関わらず、広く生きるためのヒントがちりばめられていた。

 

 

「悩むときには、ひとり静かに1時間悩め」

 

 

「ひとに対して、何かしてあげたい、しなければという気持ちは、おせっかいであり、相手の必要に応じていないということ」

 

 

「ひとは、最後に死ぬという大事な仕事が残っている」

 

 

そして、「自分でコントロールできないことは悩まない。それでも悩んだときには【放っておけ】念仏を唱えること」は、自分でも実践していきたいと思う。

 

 

by フルーツパラダイス

 

 

《活動ニュース》