• よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン

横浜市立小田中学校で講演を行いました

6月27日横浜市立小田中学校において「地域交流会」の一部として講演に招かれました。

小高い閑静な住宅街に建つ小田中。学び舎の窓から広がるは東京湾のオーシャンビュー。気持ちのよい中で話をさせていただきました。なぜチャイルドラインなのか。そしてチャイルドラインが大切にする子どもたちの声を聴く姿勢、役割。最後はいのちの大切さなどの話を聞いてもらいました。

 

小田中生徒の皆さんのアンケートから

◆実際に電話をかけたら説教されるのかと思ったけど違ったので安心した。

◆困ったときにしか電話をしてはいけないのかと思ったけどどんな話でも聴いてくれると聞いてかけてみたいと思った。

◆自分はひとりじゃないと分かって良かった。

◆スッキリした

カードは見たことあるけど今までどう使っていいのかよくわからなかったという声が多くありました。そうですよね。カードの文字だけじゃ向こうがわからない。でも、今回直接話をさせてもらって何かあったら電話したいと言ってくれたり、いい活動ですねと褒めてもらいました(笑)

保護者の方からもこんな感想が寄せられました。「普段、仕事の関係で帰宅が遅くなり、出張もある。子どもとの会話は週末くらい。とても素直な子ですが、「いい子」を演じてないか心配。内から(妻)だけではなく外(自分)から家族を支えることも大切なことであるといつかわかってくれることを願います」

いいお父さまですね。こんなふうに学校の行事に参加して下さるのですからお子さんはもうわかっているはず。こんなふうに色々な方と出会うのも楽しみの一つです。

 

 

スタッフブログ 電話件数

を更新しました

(2/14)new!

講演会の情報

掲載しました(2/5)new!

《活動ニュース》