• よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン

2019年5月

学校・フリースクール 部活 家庭 職場 ネットトラブル 地域 自分 不明 累計

5

月件数

102 3 28 34 0 4 5 98 270 544

5月は10連休明け「学校へ行きたくない」という電話が多かったようです。

2019年4月

学校・フリースクール 部活 家庭 職場 ネットトラブル 地域 自分 不明 累計

4

月件数

31 1 34 17 1 1 4 41 231 361

4月ということでクラス替えや友だち作りの相談が多かったようです。

2019年3月

学校・フリースクール 部活 家庭 職場 ネットトラブル 地域 自分 不明 累計

3

月件数

15 4 22 21 0 5 1 58 223 349

2019年2月

学校・フリースクール 部活 家庭 職場 ネットトラブル 地域 自分 不明 累計

2

月件数

31 1 28 17 2 0 2 55 162 298

2月は木曜日に多く電話がかかってきていたようです。高校や大学受験など進路に関する電話も多くありました。

2019年1月

学校・フリースクール 部活 家庭 職場 ネットトラブル 地域 自分 不明 累計

1

月件数

30 2 19 14 1 4 づ5 71 195 341

時期的に受験生の不安な思いやこれからの自分進路に対する心の葛藤を訴える電話が多かったようです。受験生の皆に素敵な春が訪れることを祈っています。

2018年12月

学校・フリースクール 部活 家庭 職場 ネットトラブル 地域 自分 不明 累計

12

月件数

57 1 22 19 0 3 3 46 215 366

2018年11月

学校・フリースクール 部活 家庭 職場 ネットトラブル 地域 自分 不明 累計

11

月件数

68 1 23 14 2 1 1 66 295 471

進路について悩んでいる電話が多いようでした。話すことで気持ちの整理が少しでもできたらいいなと思っています。

2018年11月

学校・フリースクール 部活 家庭 職場 ネットトラブル 地域 自分 不明 累計

11

月件数

68 1 23 14 2 1 1 66 295 471

2018年10月

学校・フリースクール 部活 家庭 職場 ネットトラブル 地域 自分 不明 累計

10

月件数

43 3 25 22 0 1 0 63 261 418

2018年9月

学校・フリースクール 部活 家庭 職場 ネットトラブル 地域 自分 不明 累計

9

月件数

40 5 26 11 0 0 4 56 167 305

9月は新学期も始まり、わくわくドキドキしている子どもたちの話を聴かせてもらいました。私たちも誠意を持って、心の耳を傾けながら子どもたちからの電話を受けています。

2018年8月

学校・フリースクール 部活 家庭 職場 ネットトラブル 地域 自分 不明 累計

8

月件数

17 4 29 16 2 0 4 68 289 429

会話成立率は33%でした。夏休み明けから件数が増えてきて、かけ手の心の動きが感じられました。性の話も先月より多かったです。

2018年7月

学校・フリースクール 部活 家庭 職場 ネットトラブル 地域 自分 不明 累計

7

月件数

37 3 19 21 6 0 1 63 300 450

 前月より件数は増えましたが<無言・すぐ切れた>電話が多かったので、会話成立率は33%でした。夏休みに入り、学校関連に関する内容は減ってきているようです。

2018年6月

学校・フリースクール 部活 家庭 職場 ネットトラブル 地域 自分 不明 累計

6

月件数

62 4 28 14 6 0 6 78 214 412

 会話成立率は48%でした。一人でも多くの子どもたちからの声に耳を傾けていきたいです。

2018年5月

学校・フリースクール 部活 家庭 職場 ネットトラブル 地域 自分 不明 累計

5

月件数

80 3 27 17 7 2 8 101 227 472

 

先月より34件増で会話成立率も52%でした。性の電話が減って自分のことについての相談が多くかかってきています。

2018年4月

学校・フリースクール 部活 家庭 職場 ネットトラブル 地域 自分 不明 累計

4

月件数

78 2 14 16 4 4 4 82 234 438

4月は電話件数も増えて成立率も47%でした!

以前のような性の電話は激減しています。4月に横浜市内の小中学校へカードを配布したので、お試しの電話も多くかかってきています。

「いざとなったらチャイルドライン」ということが、子どもたちの間で浸透しているのならとても嬉しいことです。

 

《活動ニュース》