• よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン
  • よこはまチャイルドライン

ビジョンーめざす社会のすがた―

子どもの笑顔があふれ、子どもが安心して子ども時代を謳歌できる社会 ~おとなも子どもも自分らしく伸びやかに生きることのできる社会~

日本の子どもたちの、いま

日本の子どもたちは幸せでしょうか。食べるものには困らないし、教育も充実していて、何か問題あるの? と思われる方もたくさんいらっしゃるでしょう。

確かに、一面ではそうかもしれません。

 

でも、20209月、ユニセフ(国連児童基金)は7年ぶりに、経済協力開発機構(OECD)または欧州連合(EU)に加盟する38の国々の子どもの幸福度ランキングを発表しました。結果は次の通りです。

 

    総合・・38か国中20(前回は6

    身体的健康・・1位(肥満や死亡率が低い)

    スキル・・27位(友だちをつくるスキル37位)

    精神的幸福度・・37(ワースト2)

     15歳の生活満足度が62%で37位、自殺率が高い)

             ↓             

      家族のサポートがない、いじめが多いのが原因

 

精神的幸福度は、なんと「ワースト2位」。衝撃的ですね。

つまり、子どもたちはちっとも気持ち的には幸せでないということです。

 

そして、このことを裏付けるような次の数字をごらんください。

 

2019年度若者の自殺数 659人(前年度599人)
  (2020年厚生労働省・警察庁統計資料調査)

  全体の自殺数は減少しているのに、若者の自殺は減少していない

2019年度いじめ認知件数 612,496件(前年度より68,653件増加の

過去最多)(文部科学省調査)

2019年度児童相談所虐待相談対応件数193,780件(前年度より33,942件増加)(2020年度厚生労働省調査)

・子どもの相対貧困率(13.5%)沖縄(29.9%)

     (2019年厚生労働省調査)

・全国の不登校児童生徒数(国・公・私立の小中学校)(文部科学省調査) 

     2019年度181,272人(2018年度164,528人)

   1539歳ひきこもりは54万人(2016年内閣府・全国実態調査)

   4064歳ひきこもりは61万人

 

 

 

・私は価値ある人間と思う

    日本・・7.5

    米国・・57.2

    中国・・42.2

    韓国・・20.2
     (2013年日本青少年研究所調査)

 

少子化にもかかわらず、何らかの生きづらさを抱えている子どもたちが急増しています。背景には、経済優先の社会をつくってきたことで、「効率」が重要視され、大切な大切な人間関係まで効率化し、ひとのこころについてはケアが行き届かなかったことがあります。

 

 

「パンへの飢えがあるように、ゆたかな国にも飢えはあります。愛とか、親切とか、思いやりといった"こころの飢え"です。それは一切れのパンに飢えるより、激しい飢えです」

マザーテレサのこの言葉は、深く胸に突き刺さります。

 

いま、取り組まなければならないのは、おとなも子どもも「生きててよかった」「わたしはわたしでいいんだ」と思えるような、あたたかく思いやりのある社会の実現です。

そう、「おとなも子どもも自分らしく伸びやかに生きることのできる社会」です。

ともに、がんばりましょう。

 

 

 

10月はオレンジ一色、ハロウィーンですね!
10月はオレンジ一色、ハロウィーンですね!

【更新情報】

new! 9/22

 2020年度会計報告を掲載

 しました

new! 9/22

  インフォメーション

 更新しました(受け手専用)

new! 9/19

  スタッフブログ

 更新しました

《活動ニュース》